Recent

2012年9月26日水曜日

アサマ GP9 2012 DAY2

アサマGP9、DAY2。 (DAY1はこちら
まさかこんな天気になるとは。


夜中に寒さで何度か目を覚ましたり、豪雨の音で目を覚ましたり、
やっと朝になったもののひどい雨。
晴れ男が体調を崩したからか?

"寒いかも"なんてこれっぽっちも考えてなかったので半ズボンしか無く、寒くて外に出られず、車のエアコンのスイッチを入れてシュラフに潜ってニ度寝、三度寝とふて寝を繰り返す。
暖房を使うのは今シーズン初だ。

9時頃になって腹も減ったので朝食を。
半ズボンではどうにもならないのでモトパン履いた。

よっ~さんの腹は今日になっても回復せず、夜中も何度もトイレへ行ったそうな。
二人ともテンション低いけど会場のみんなそんな感じ。

愛しのブルーシートハウスの向かい側は水没→引越しで誰もいなくなった。

パドック入り口付近のNさん邸でさえ水没の危機に。

奥のほうは大丈夫みたい。
(朝はまだ人がたくさんいたけど午後にはこれの半分くらいになる)

見に行かなかったけどコース脇の一段上のパドックも結構な池ができてたとか。
我が家は大丈夫。

だけどよっ~さんはトイレばっかり。
どうしようかと考えつつ、いろんな人の話を聞くと、
今日は諦めて早々に帰る または フリー走行は走らないけど90分のレースには出る人、またはフリー走行もレースも走る人の3種類。

うだうだしているうちに午前中のC/Dクラスのレースが始まったので見学すると、
ストレートはまあまあ、大きな水溜りもなさそう。

が、ストレートのすぐ下を見たら、

うっ、、、
話が違う。
こんなアサマ聞いたことが無い。
どうやらGP9の過去十数年の歴史でこんなコンディションは初めてだそうで。

ということでよっ~さんは体調も回復しないので昼の休憩時間を狙って帰宅。
(会場の出入り口をコースが横断しているのでコース上をバイクが走っている時間帯は出られない)
エントリーフィーは二日分払っているとはいえ、トイレの回数では十分元を取った。

自分はやっぱり走りたい、けどこの寒さにあの泥はイヤなので90分のレースだけ走ることにした。
今思えばフリー走行も走っておけばよかった。

で、午後のレースになり出走。
知り合いはKXのNさんとフサベルのデキル人のみ。
自分も合わせてみんなBクラス。

フリー走行の時間にコースを走った人の話では、スタックしたら一人では脱出できないような場所が複数アリとのこと。

調子よく乗れてたらスタックしてる人が居ても素通りしてしまうかもしれないし、逆に自分がスタックしてラインを塞いでしまったら申し訳ないなとか考えながらスタート。

スタートしてからわりとすぐのウッズでちょっとしたスタック渋滞。
少しだけ順番を待って、すぐ前の人と同じラインを行ったらやってしまった。
めちゃ深い轍にステップがガッチリ。

ここで持てる筋力の120%を出力して何とか脱し、すぐ隣のラインを行ったらまたスタック。
今度は150%の出力で脱出してもう一つとなりのラインへ行ったらまたスタック。
同じ場所の3つのライン全てにハマった。

ここで既に何週もラップされてるので正解ラインは5メートル程手前で林に飛び込むライン(レース途中にできたライン)ってことはずっと見ていた自分が一番分かっていたのに、膝まで埋まる泥の中を5m戻すのが面倒で横着した。

3度目のスタックでは、心優しいCRFとWRのお方に助けてもらった。
助けてもらわなければリタイアだった。
(というかまだリザルト見てないので自分が完走扱いになっているのかわからない)

で、ようやく脱出した後はライン選びが慎重になり、なんとかテクテク進むが、でかい水溜りに飛び込んだらフロントが深い穴にハマって前転しそうになる。
ハンドルクランプに思い切り腹を打った。
このタイミングで"そこオレもハマったよ"とかいいながらデキル人はさらっとクリアしていく。

めちゃくちゃ悔しいとか思いながらパドックへのストレートを飛ばし、一旦パドックに寄ってゴーグルとグローブを交換。
予備グローブはモトパンの腰に挟んでたけど最初の泥かき後に使ってしまったし、その後も泥かきしてるので走っててもグリップを握ってるのか泥を握ってるのかよく分らなかった。

ようやく1周目が終わりゴールラインで一旦停止。
ストレートでは止まってた?Nさんを抜いたし、2週目は全箇所で正解ラインを行ってやる!!!

と、我ながら珍しくめちゃくちゃ気合が入った状態で "もう走っていいですか?" と聞いたら
驚くほど冷静に、

"レースはもう終わりですよ。。。" と。

ああぁぁぁ~~、終わってしまった。
思わず"えぇ~っ"と叫んでしまった瞬間、周囲との温度差を痛感。
泥の手掘りに夢中になってるうちにレース時間90分の大半を費やしていたとは。



後で聞いたらNさんはクラッチが滑ってしまってリタイアした様子。
ご本人も言っていたとおり、乗れてたのに残念。

意気消沈しながら店じまいしてたらいつの間にか表彰式が始まってたので途中から見に行った。
結果、デキル人はBクラスで3位。。。

これまで100回くらい言ってきたような気がするけど、やっぱり格が違う。
スタート前には "デキル人に何かしらのアクシデントが発生してDNFとなり、自分は遅いながらもなんとか完走してリザルト上の勝ちを期待" とか言ってケンカ売った自分が恥ずかしい。。。

デキル人が重そうに、それでもニコやかに賞品を抱える傍で自分は参加者全員がもらえる缶コーヒー1個だけ握りしめて帰る。

パドックにできた池で洗車する人がたくさんいたけど自分にはもうその気は無かった。
ヤル気がとかではなく悔しさでいっぱいだった。
ハッシュポテトありがとうございました。

教訓
・試走できるコースで試走しないなんてありえない。
・TEの地上高は他のバイクより低いことを忘れずにラインを選択。
(というかテメエの腕を弁える、てかトラクションをかけるタイミングを全く意識せず漫然と突っ込んでた)

失ったもの
・90分間で使った3セットのグローブのうち、TLDの片方を紛失。(きっとどこかの泥に埋まってる)
・90分間で使った2つのゴーグルの両方とも、帰宅後に強引に洗ったらスポンジが剥がれた。
・泥に埋まる足を何度もズポッと抜くのを繰り返したらブーツのソールが剥がれた。
・バイクのリアフェンダーの右側のネジ穴が千切れてた。(泥から引き抜こうと150%の力で引っ張ったりしたから)
・トランポのプラパーツを2個無くした。(ブルーシートハウス撤収時にハメ直すのを忘れてた)

やっぱりできることをしなかった悔しさはハンパない。
ということで次回も絶対に参戦。(今度はCかDクラスで。。。)
そういえばCRF450のフォークシールはバッチリ、何の問題も無かった。


アサマ GP9 2012 DAY1
アサマ後


※午前中のC/Dクラスの写真が少しありますので追ってupします。

5 件のコメント:

  1. 乙でした。
    無くしたものは是非、風魔にて!

    返信削除
    返信
    1. 超緊縮中のため原資が。。。

      削除
  2. はじめまして、Dクラス105のLUCKY商会です。
    事後報告ですが写真をブログに使わせてもらいました。
    来年も参加すると思うので見かけたらよろしくお願いします。

    返信削除
  3. 返信
    1. LUCKY商会さま、はじめまして。
      使えるものがありましたらどうぞご自由に使ってください。
      ちなみにGP6のときにもLUCKY商会さんの写真あります。(http://rf3enduro1.blogspot.jp/2012/05/asama-gp6-2012.html ・・・違ってたらすみません)
      どこかでお会いしたらこちらこそよろしくお願いします。

      削除